10万円をFXでこつこつ増やしてスワップ金利生活をめざすブログです。

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はデイトレで資金を増やそうと、月曜日に10万円を追加して挑戦しました。
月曜日はNY市場がプレジデント・デーで休場のため、値動きがあまりなく±0円。
火曜日は+2,700円。水曜日は±0円。
木曜日は福井日銀総裁が量的緩和を「直ちに解除したい」と発言したことにより
急激な円高に襲われ、-5,500円。
金曜日は持ち越しのポジションを損切りして-17,400円。
(セントラル短資は2営業日後に決済のため、この分は月曜に確定します。)

ということで、一気に2万円ほど損してしまいました
素人にはデイトレは難しいです。。。
時間と労力を使うし、儲からなければ資金が減ってしまいます。
やっぱり、スワップでのんびりと地道にやるほうが私には向いているようです

下落中のNZドルも一時77円を割りそうでしたが、
その後は少し反発し77円台で推移しています。
そろそろもう1枚買ってみようかなあ。。。


現在のポジション
NZD/円 買 1万 
USD/円 買 1万

入金合計   205,000円(5000円はキャッシュバック)
スワップ合計   3,781円
確定損益合計  -2,800円 
残高       205,981円

・2006/2/3から10万円でスタート
・2006/2/20 10万円追加
・未決済損益は含まず

人気ブログランキング ←応援のクリックをお願いします(≧∀≦)
スポンサーサイト
NZドルは今日も下がってます。
短期的にはまだ下げそうな気がするので、
NZドルの買い増しは控えて、しばらく様子見です。
安くなった方が枚数を増やしやすいのでもっと下がってもいいです。
週足チャートでは上昇トレンドなので、下げ止まったら積極的に買いたいと思っています。
ということで、NZドルはおいといて、しばらくはドル/円を買っていこうと思う今日この頃です。

さて、簡単に本日(2/21)のデイトレの結果を報告します。
4往復、3勝1敗でトータル2700円のプラスです。
今日はへんに動かない方が利益をだせる展開だったのですが、
デイトレの時は細かく利確するというルールを一応作っているので・・・。
明日もコツコツ頑張りますよ~

人気ブログランキング ←応援のクリックをお願いします(≧∀≦)
今日からデイトレをはじめたので報告をします。
入金が口座に反映されるまで、チャートとにらめっこしながら
脳内トレードで練習する。(1000円とれた^^)
10時過ぎにやっと入金が反映されたので、いよいよ本番です。

ドル/円 1万@118.07円 買い
ドル/円 1万@118.17円 売り +1,000円

ドル/円 1万@118.09円 売り
ドル/円 1万@118.19円 買い -1,000円

うわ~ん・・・トントンになってしまった

しかも、トラブル発生・・・!
[デイトレの報告]の続きを読む
セントラル短資がせっかく1ヶ月手数料無料なので、
明日から、少しだけデイトレもしてみようと思います。
デイトレ用の資金10万円を明日振り込みます。
とりあえず、米ドル1万通貨で小銭稼ぎをやろうと思います。
0.1~0.2円で決済してそれを1日に2~3回繰り返す作戦です。
上手くいけば、2,000~6,000円稼げそうですが、
どうでしょうか?。。。

今後はデイトレで資金を増やしながら、
スワップ狙いのNZドルを買い増して行こうと思います。

セントラル短資の無料期間が終われば、手数料無料の
FX Online Japanでデイトレする予定です

人気ブログランキング ←応援のクリックをお願いします(≧∀≦)



税金面でメリットの高い「くりっく365」ですが、
その他にどんなメリットがあるのか調べてみました。

財務体力に余力がある取引参加者(業者)のみが参加
金融先物取引法と取引所の規則にもとづく資格要件をクリアした業者のみ取引所取引に取引参加者として参加できる。

より低い信用リスク
「くりっく365」では、業者ではなく取引所が全ての取引の相手方となるので、投資家は業者に対して、取引の相手方としての信用(破綻)リスクを意識せずにすむ。

スワップが高い
売り・買いの区別なく1つのスワップポイントなので、
余計なコストを負担する必要がなく、高スワップが期待できる。

スプレッドが小さい
USDJPYで3銭とスプレッドが小さい。(スプレッドとは買値と売値の価格差をいい、この差が小さいほど投資家には有利です。)

顧客証拠金の全額保護
万一業者が破綻するようなことがあった場合でも、取引所に預託された証拠金は業者の資産と切り分けて管理されているために、最終的に投資家に返還される。

税制上の優遇
「申告分離課税(税率は一律20%)」、「損失の3年間繰越控除」、「有価証券先物・商品先物との損益通算」等の税制上の優遇が認められる。

手数料
手数料率は業者によって異なる。


くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!
FXは売買差益とスワップ金利収入の利益は全て雑所得に区分されます。
(総合課税方式が適用されます)
雑所得の合算が、年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要となります。
雑所得は株式など他の所得との損益通算や損失の翌年度以降への繰越しは行なうことができません。

税率 (総合課税)
200万円以下  15%
330万円以下  20%
700万円以下  30%
900万円以下  33%
1800万円以下 43%
1800万円超   50%


ところが、「くりっく365」では「申告分離課税(税率は一律20%)」、「損失の3年間繰越控除」、
「有価証券先物・商品先物との損益通算」等の税制上の優遇が認められます。

「くりっく365」とは、公設の取引所が提供する安心で透明性のある個人向けの外国為替証拠金取引です。
取引を行うためには、「くりっく365」の参加業者を通じて行います。

10万円から始めるスターアセット証券のくりっく365
ポジション:NZD/円 買い 10,000(81.90)

スワップ合計 2,113円

入金 5,000円(セントラル短資からキャッシュバック)

資産合計 107,113円

・2006/2/3から10万円スタート
・未決済損益は含まず

人気ブログランキング ←応援のクリックをお願いします(≧∀≦)
今日はオリックス証券に資料請求しました。
ここは手数料が1万通貨あたり300円(片道)と安く、
スプレッドもわずか3銭(米ドル/円)で、
必要保証金は取引額の約5%で約20倍の取引ができます。
米ドルなら1万通貨で約6万円くらいですね。
デイトレや短期スイング用に利用してみたいと思います。
それに保証金信託保全で安全性も○です。

ついでに、キャンペーンにも応募してきました
現金100万円(1名)、10万円(30名)、FX手数料1ヶ月無料クーポン(100名)が当たるそうです。(2006年3月31日まで)

これは誰でも応募できるので応募した方がいいです!
運が良ければ100万円ゲットできるかも!?

オリックスFX

2/3から10万円でスタートして明日でちょうど2週間。
現在の資産合計は106,330円になりました
昨日、セントラル短資から5,000円のキャッシュバックが入金されていました!
セントラル短資さんありがとう~

5,000円もらえるし、1ヶ月手数料無料だし
なんて太っ腹なんでしょう。。。



現在のポジションとスワップ

NZD/円 買い 10,000(81.90)

スワップ合計 1,330円

入金 5,000円(セントラル短資から)

資産合計 106,330円(未決済損益は含まず)


人気ブログランキング ←応援のクリックをお願いします(≧∀≦)

スプレッドとは買値と売値の価格差をいいます。
ここでいう買値とはリアルタイムで取引する場合のビッドレート(今あなたが売れる価格)、売値とはオファーレート(今あなたが買える価格)のことです。

例えば110円30-35銭と提示されれば、スプレッドは5銭(30がビッドレート、35がオファーレート)となります。


このスプレッドの差が大きければ大きいほど業者は儲かります。
逆に、わたしたちは損をするわけです。

銀行で外貨預金をする場合、TTSという顧客の外貨買いレートを使って両替し外貨で預金します。
また解約する場合には逆にTTBという顧客の売りレートで外貨を円貨に両替し日本円を受取ることが出来ます。
銀行の窓口に行くと、このTTS、TTBが表示されています。
例えば仲値が110円とした場合、TTSは111円(仲値プラス1円)、TTBは109円(仲値マイナス1円)となります。
この時のスプレッドは2円となります。
外国為替証拠金の場合には0.05~0.10円のスプレッドで取引が行えるので、外貨預金よりもオトクというのがわかりますね。

FXをはじめたいけど、資金がない~!という人は
こんなことをしてみてはどうでしょうか??
私もいくつかやってます(≧∀≦)
チリも積もれば、結構貯まるもんです。。。

ネットオークションでいらない物を売る。

楽天のオークションで売ってみよう!

30日間は無料



懸賞で賞金をゲットする。商品の場合はオークションで売る。

【運試し】その場で現金2000円が当たるスクラッチゲーム!

その場であたる!現金キャッチャーゲーム

目指せ!!100万円!!

大人気の懸賞サイトはココ♪
 

メールを読んでクジを引くと100円もらえる?!


誰でも手軽に ☆ 現金3,000円 ☆ をゲットする方法♪


モニターに登録する。

お得なモニター情報!モニター情報ネット《イーモニ》

【mpack】あなたの声を社会にエントリー!アンケートに答えてポイントGet!


アフィリエイトで稼ぐ。

¥1000からきっちりお支払いのアフィエイト◆AccessTrade◆


ポイントをためて換金する。

完全換金サイトに登録してマネーをGETしよう!

人気ブランドや3ディズニーリゾート2DAYSほか豪華賞品あたる!

インターネット上最大級のポイントサービス!ネットマイル


どれも無理っぽい・・・という人はがんばって節約して貯めて下さい^^;

激安家電通販サイト 新商品が超特価!! P-PRICE(ピープライス)

人気ブランド品が40%OFF!!

ブランドコスメが最大70%OFF、送料無料

==【激安】コンタクトレンズはココ!==

目標: 毎月20万円のスワップ収入
スタート: 2006年2月
達成予定: 2009年7月

まず、10万円を入金して1万NZD(ニュージーランドドル)を買う。
1万NZDのスワップが1日約160円(2006年2月現在、セントラル短資オンライントレードの場合)
なので、1ヶ月で4,800円になります。
普通に1万NZDを買うと約80万円必要ですが、FXでは約5万円の証拠金で買うことできます。
10万円あれば2万NZD買うことができますが、その場合、レバレッジが高くなってしまい、
NZDが下落したときにマージンコールが発生したりロスカットになるおそれもあります。
そのため証拠金ぎりぎりで購入するのはおすすめできません。

レバレッジを押さえるため、最初の10ヶ月は毎月5万円を入金しながら、
毎月、1万NZDを買い増ししていきます。

11ヶ月目には11万NZDになるのでスワップは一月52,800円となり、
もう入金しなくてもスワップ金利で1万NZDが買えるので、
その後も毎月、1万NZDを買い増ししていきます。

42ヶ月目には42万NZDになり、月201,600円のスワップ収入が入る計算です。

注意
・買い増しはなるべく安い時に行う。
・スワップや為替は変動するのでこの計画は絶対ではありません。。。^^;
現在、私のメイン口座です。
選んだ理由は・・・

・業界最高水準のスワップポイント
・手数料が安い。全14通貨ペア10,000通貨単位/片道500円
・100年の歴史を持つセントラル短資のグループ企業
・信託保全で万一の際も安心
・ポジションを決済しなくても毎日口座にスワップが反映され出金も可能

また、口座を開設して10万円入金すると5,000円のキャッシュバック、
1ヶ月間手数料無料のキャンペーンがあるのでオトクです。

 『1ヵ月手数料無料クーポン券』プレゼント

口座開設もスムーズでした。
システムも安定しているし満足です。
オススメ度

まずはバーチャルで体験してみてはいかがでしょうか?

 バーチャル取引「FX1」

バーチャルなどで練習して、FXについてある程度理解ができたら、
いよいよFXの口座開設です。
ネットで口座開設の申し込みをしたら2~3日後に書類が送られてくるので、
印鑑を押して免許証のコピーなどの本人確認書類を入れて送ればOKです。
不備がなければ2~3日後に口座開設完了の書類が送られてきます。
あとは指定された銀行に入金して、ネットにログインすれば取引ができるようになります。
オンライン申し込み後、本人確認書類をFAXで送れば1日で開設できるところもあります。


業者選びのポイント
FX取引業者を選ぶ時は、第一に信用や安全性を重視しましょう。
日本国内には非常に多くの外国為替証拠金取引業者があり、
中には残念ながら悪徳業者も存在します。
そのため、信用できる業者を選ぶようにすることが大切です。
FXはタイミングよく売買できれば、大きなリターンが得られます。
しかし、為替の動きの読みが外れると、損が大きくなる可能性があります。

そこで、FXでは「マージンコール」「ロスカット」という2つのしくみがあります。
どちらも、大切な資産の損失を限定的にするためのしくみです。

例えば、10万円を入金して1ドル110円で1万ドル買います。
しかし、その後1ドルが105円になると、評価損は-50,000円になります。
10万円の保証金に対しマイナス率50%=保証金維持率50%です。
保証金維持率50%を下回るとたいていの業者では、マージンコールが発生します。
マージンコールが発生した場合は保証金維持率が50%以上になるようにしなければなりません。

その場合の対応のパターンは

・保証金維持率が50%を回復するまで追加金を入れる。
・一部を決済してポジションを減らす。
・為替レートが好転して保証金維持率が50%以上になる。

翌銀行営業日の午後3時までに保証金維持率が50%以上にならなければ、
保証金維持率が50%以上になるまで決済されてしまいます。
マージンコールは口座清算価値が著しく減少していることを知らせる
危険信号の役割を果たしています。

もし、保証金維持率が20%を下回った場合は、マージンコールが発生したかどうかに関係なく
自動的に決済処理されます。それをロスカットといいます。

マージンコールとロスカットは、資産がゼロ以下にはならないという安全装置的な機能なのです。
なお、業者によってはマージンコールがなかったり、マージンコールやロスカットの基準が違う場合があります。
「 速聴 」 脳本来の力を引き出すDVD無料プレゼント!


ジョセフ・マーフィー博士の「幸せとお金の法則」無料ガイドブックプレゼント中!
スワップとは、2種類の通貨の売買によって発生する2国間の金利差調整分のことを指します。
金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買っているときに、
その金利の差額分の受け取りが発生し、反対に金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を買う場合は、金利の支払いが発生するのです。
スワップは1日単位で受払いが行われ、ポジションを持った日数分、累積します。
金利差が大きければ大きいほど、スワップ金利も大きくなります。

例えば1万ドルのドル買いを行うと、一日あたり147円のスワップ金利を受け取ることができます。
30日間このスワップ金利を受け取った場合 147円×30日= 4,410円になります。
(2006年2月10日現在、セントラル短資の場合)

ちなみに、英ポンドは現在1万ポンドで1日あたり246円のスワップ金利です。
1ヶ月で7,380円です。

スワップ金利は、原則として毎日更新され、必ずしも毎日同じレートになるとは限りません。
また、業者によって異なります。
いろいろ各社のスワップ金利を比較しましたが、セントラル短資オンライントレード、外為どっとコム、くりっく365のスワップ金利がずばぬけていいですね。
少ない元手で大きな取引(レバレッジ効果)ができる
10万円の証拠金を預けることで、100万円分以上の取引ができます。
ニュージーランドドルなら5万円から取引ができます。

スワップ(金利差)がもらえる
日本の金利はすご~く低いので、高金利の通貨を買っている場合は
金利差額(スワップ)を毎日受け取ることができます。

24時間取引ができる
外国為替市場は休みなく動いているので24時間いつでも為替取引が可能。

手数料が安い
外貨預金などに比べて、FXは為替手数料が約10分の1以下です。
例えば1万ドルを買う取引する場合で取引コストを比較すると
外貨預金 1円×1万ドル=10,000円
外国為替証拠金取引 5銭×1万ドル=500円

市場の規模が大きいので流動性が高い
株式市場みたいにストップ高、ストップ安もないので、
買いたいときに買え、売りたいときにすぐに売ることができます。

公正な市場
世界最大の巨大金融市場であるため、株式市場のようにインサイダーや
仕手株のように一部の人だけに利益をもたらすことはありません。

無料の外国為替仮想取引 『バーチャルFX』 を利用し、
コンテスト期間中の損益を競うコンテストです。
仮想マネーを使ったゲームでも、コンテススト賞品はとても豪華!

「外為どっとコム」の外国為替保証金取引『外貨ネクスト』にて
実際に用いられている取引レートと全く同一なので、
実戦さながらにトレードすることが可能です。

FXとは外国為替証拠金取引のことで、実際の取引金額より少ない資金(保証金)で、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどを売買することができます。

例えば、1ドル=100円のときに1万ドルを購入する場合、
100円×1万=100万円が必要ですが、
FXでは10万の証拠金で1万ドル購入できるのです。
つまり、少ない資金でレバレッジ(テコの原理)を利用して取引を行うというものです。

それを、1ドル=110円の時に売ると
110円×1万=110万円となり、10万円の儲けになります。(手数料は別に必要です)

逆に、1ドル=90円になってしまった場合には、
90円×1万=90万円となり、10万円の損失が発生します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。