10万円をFXでこつこつ増やしてスワップ金利生活をめざすブログです。

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXはタイミングよく売買できれば、大きなリターンが得られます。
しかし、為替の動きの読みが外れると、損が大きくなる可能性があります。

そこで、FXでは「マージンコール」「ロスカット」という2つのしくみがあります。
どちらも、大切な資産の損失を限定的にするためのしくみです。

例えば、10万円を入金して1ドル110円で1万ドル買います。
しかし、その後1ドルが105円になると、評価損は-50,000円になります。
10万円の保証金に対しマイナス率50%=保証金維持率50%です。
保証金維持率50%を下回るとたいていの業者では、マージンコールが発生します。
マージンコールが発生した場合は保証金維持率が50%以上になるようにしなければなりません。

その場合の対応のパターンは

・保証金維持率が50%を回復するまで追加金を入れる。
・一部を決済してポジションを減らす。
・為替レートが好転して保証金維持率が50%以上になる。

翌銀行営業日の午後3時までに保証金維持率が50%以上にならなければ、
保証金維持率が50%以上になるまで決済されてしまいます。
マージンコールは口座清算価値が著しく減少していることを知らせる
危険信号の役割を果たしています。

もし、保証金維持率が20%を下回った場合は、マージンコールが発生したかどうかに関係なく
自動的に決済処理されます。それをロスカットといいます。

マージンコールとロスカットは、資産がゼロ以下にはならないという安全装置的な機能なのです。
なお、業者によってはマージンコールがなかったり、マージンコールやロスカットの基準が違う場合があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。